不動産用語集

不動産の専門用語などを解説いたします!

お部屋を探す前に不動産の用語や設備の名前などをチェックしておくと便利ですよ!

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ・ワ行

ハ行


■ハイサッシ
高さが天井近くまである大きなサッシのこと。見た目の開放感だけでなく、部屋の奥まで光が届きやすいメリットがある。サッシュと表記されることもある。

■ハイツ
一般にプレハブの2階建て共同住宅全般を指すが、特に木造のものはコーポやアパートと呼ぶことも。建物構造が違うので、一般的にマンション、ハイツ、アパートの順に防音性が劣るとされる。

■パイプスペース
上下水道管やガス湯沸器などを集中的に納めたスペースのことで、「PS」と略す。この中に電気・ガス・水道のメーターも納めているときは、「MBPS」と表示されることもある。

■バリアフリー
障害者や高齢者などが生活する上で障壁(バリア)となる部分を取り除くこと。具体的には、室内の床の段差をなくしたり、廊下や階段に手すりを設置する、十分な幅を確保する等を行うこと。

■ビルトイン
建築段階からあらかじめ家具や設備が造り付けられていること。建物の構造部分と一体化しているため、機能性が高く、見栄えが良い。ビルトイン収納、ビルトインエアコンなど、さまざまなものがある。

■ピロティ
1階部分の、柱だけで構成された空間のこと。多くの場合は、駐車場や駐輪場として利用している。フランス語のPilotis(杭)からきた言葉。

■日割り家賃
賃貸借契約成立による家賃発生(入居可能日)が月途中の場合、月末までの家賃を日割りして支払うこと。「1ヶ月分の賃料(家賃+管理費など)÷その月の日数×月末までの残日数」が日割家賃となる。

■吹き抜け
2階以上の建物で、階をまたがって上下に連続している空間のこと。玄関やリビング、階段部などに設けられ開放感を演出できる。

■フルフラット設計
玄関、居室間、浴室・トイレへの出入口など、足元の段差をほぼすべて解消した住宅設計。バリアフリー設計、ユニバーサルデザインの一要素として導入される。

■プレキャストコンクリート造
工場であらかじめ鉄筋コンクリートパネルを製造し、現場で組み上げる工法で建てられた構造のこと。「PC」と略す。建築工期の短縮やコスト削減などの効果がある。

■分譲賃貸
もともと分譲で売りに出されていた部屋を、転勤などオーナーの都合で賃貸にまわしたり、 投資用に賃貸転用目的で分譲後賃貸された部屋のこと。 特徴としては、元々個別販売目的のため設備や仕様のグレードが高い。また、一般に共用部分の管理がしっかりしており、構造はSRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)かRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)がほとんどであるので、防音、耐震性にも優れている。

■ペアガラス
2枚の板ガラスを一定の間隔をおいて合わせ、周辺を金属帯などで接合して密封した複層ガラスのこと。ガラスとガラスの間に乾燥状態の空気層を封じ込めているので、断熱性、遮音性が高い。結露を防ぐ性能をもつタイプや、紫外線対策が施された商品もある。

■防水パン
洗濯機を置くための皿状の台のこと。主に強化プラスチック製で、床を水気から守る。防水パンの大きさにより、設置できる洗濯機の大きさも決まる。

■ポーチ
屋根やひさしをもつ玄関先のスペースのこと。集合住宅では住戸専用のアプローチを意味することが多く、門扉を備えた「専用ポーチ」を設け、一戸建て感覚を出した住戸も増えている。

■補修費
賃貸住宅でいう場合、主に各住戸の原状回復に要する費用のこと。解約引きや敷引きがあらかじめ設定されていれば、通常はその中からまかなわれる。

■保証金
賃貸借契約の締結時に借主(入居者)から貸主(家主さん)へ預けるお金。例えば、家賃を滞納してしまったり、ものを壊してしまった時にはこの保証金から支払われる。原則として解約・契約終了時に、解約引きや敷引き、原状回復義務に基づく補修費を差し引いた額が借主に返還される。

■ホルムアルデヒド
無色で刺激臭のある気体状の有機化合物で、揮発性有機化合物(VOC)の一種。合成樹脂や接着剤、塗料などに含まれることが多く、シックハウス症候群の主因のひとつともいわれる。以前は建材や家具に多用されていたが、現在は住宅建築における規制が強化され、不使用製品も増えつつある。


▲ページの先頭へ戻る↑

マ行


■マンション
一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、特に3階建て以上のものを指す。

■ミングル
原則として同姓の単身者が、部屋は別でバス・トイレ・台所を二人で共同使用する住み方。賃貸借契約はひとりずつ別々に結ぶ。

■メーターボックス
電気・ガス・水道のメーター類が設置されている場所。住戸の玄関脇に設けられていることが多い。「MB」と略す。

■メゾネット
集合住宅内に設けられた2階建て住戸。内階段で2層に分かれた室内部分を結んでいて、一戸建てのような気分を味わえる。

■面格子
住宅の窓の外側に、防犯などを目的として取り付ける金属製の部材のこと。窓の外側に取り付けられた防犯用の縦格子。1階の部屋の小窓や共用廊下に面する窓など、窓破りによる侵入口となりうる開口部を守る。

■木造
建築段階からあらかじめ家具や設備が造り付けられていること。建物の構造部分と一体化しているため、機能性が高く、見栄えが良い。ビルトイン収納、ビルトインエアコンなど、さまざまなものがある。

■モルタル
1階部分の、柱だけで構成された空間のこと。多くの場合は、駐車場や駐輪場として利用している。フランス語のPilotis(杭)からきた言葉。


▲ページの先頭へ戻る↑

ヤ行


■家賃補助制度
所得条件をはじめ一定基準を満たす住人に対し、地方自治体などが家賃や敷金の一部を負担する制度。主に地域活性化や人口増加を目的とするため、新婚世帯や子育てファミリー世帯を対象とするものが多い。実施の有無、内容、金額、期間などはそれぞれ異なる。

■床下収納
床の一部を扉とし、床下スペースを利用した小型の収納庫。建物1階のキッチンや洗面室などに設置されることが多い。

■床暖房
床の一部を扉とし、床下スペースを利用した小型の収納庫。建物1階のキッチンや洗面室などに設置されることが多い。

■ユニットバス
壁・床・天井と浴槽を一体化して成型している浴室形式のこと。特に賃貸住宅でいう場合、洗面台とトイレもセットになった3点ユニットを指すのが一般的で、「バス・トイレ別」に対する用語として使われる。「UB」と略す。

■ユニバーサルデザイン
子どもから高齢者まで、年齢やハンディキャップの有無にかかわらず、誰もが過ごしやすい生活環境を整えようというデザイン・プランのこと。具体的には、段差をなくした広い廊下、緩やかで手すりの付いた階段、手すりを設けた浴室やトイレなど。

■浴室暖房乾燥機能
浴室の天井や壁に取り付け、あるいはビルトインされていて、浴室の暖房・乾燥、浴室内での衣類乾燥ができる設備のこと。季節や天候に関係なく衣類乾燥ができ、カビの発生が抑えられる。冬の入浴時に予備暖房として使うなどの手も。


▲ページの先頭へ戻る↑

ラ・ワ行


■リビング・ダイニング
居間(リビング=L)と食事室(ダイニング=D)が一体化した部屋のこと。「LD」と略す。主に独立キッチンをもつ間取り。

■リビング・ダイニング・キッチン
居間(リビング=L)と食事室(ダイニング=D)と台所(キッチン=K)が一体化した部屋のこと。「LDK」と略す。一般的に、8畳以上の広さの場合をいい、K(キッチン)やDK(ダイニング・キッチン)と区別している。

■リフォーム
住宅でいう場合、建物の増改築や改修、模様替えなどを行うこと。

■ルーフバルコニー
階下の住戸の屋根にあたる部分を利用したバルコニーのこと。通常のバルコニーよりも張り出す面積が広く、開放感が得られる。

■ルームシェア
ひとつの住戸を家族以外の複数人で借り、共同生活をすること。一人暮らしに比べると経済的負担が軽くなり、防犯上もひとり暮らしより安心といった利点がある。

■礼金
入居にあたっての預け金である敷金や保証金に対し、貸主に対して契約締結の謝礼的に支払うもの。解約・契約終了時も返還されない。

■レンジフード
コンロから出る煙や臭気を集め、排気するためにコンロ上部に設けられた覆い。通常、換気扇と組み合わせ、加熱調理器設置場所の真上に取り付けられている。

■連帯保証人
家賃滞納など、借主に何かあったとき連帯して責任を負う人のこと。賃貸契約ではほとんどの場合に必要で、親や親族に頼むことが多い。

■ロフト
もとは屋根裏部屋のことだが、ワンルームなどによく見られる中二階の小スペースのこと。

■ワンルーム
居室が1つで、キッチンが併設されているタイプの間取りのこと。「1R」とも表記。居室とキッチン(K=4.5帖未満)が分けて設けられている場合は「1K」となる。


▲ページの先頭へ戻る↑

  • スタッフ募集 詳しくはコチラをクリック
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
株式会社フルハウス

株式会社フルハウス

〒660-0062 兵庫県尼崎市浜田町2丁目96-3

Tel: 06-6418-0321

アクセスマップ

dummy